初生衣神社
概要 行事 動画 用語 地図
〒431-1415
静岡県浜松市北区
三ケ日町岡本698

(053)525-1835
階層>概要
概要

ここでは、静岡県三ケ日町にある初生衣【うぶぎぬ】神社を紹介します。
青い文字を押すと、用語の解説が見えます。




初生衣神社の概要

初生衣神社は皇太神宮神衣【かんみそ】を1154年から1885年まで納めていた歴史ある神社です。 宮司は古来より、 神服部一族が務めています。 祭神天棚機姫命【あまのたなばたひめのみこと】です。





初生衣神社の魅力

織機 初生衣神社にある織機 は、800年前に神衣を織っていた物と 全く同じ形をしています。織機は定期的に作り変えられますが、その前の織機と寸分違わぬ物を作ります。 これは、神様に対して常に同じ物を作り続けることが祭事である、という考えに基づいて行われています。
一度はこの伝統も途絶えましたが、現在の神主が復活させました。 今は、新しく作られた物と100年前の物(右写真)を見ることができます。
また、神衣の素材である 赤引きの糸 と呼ばれる繊維も復元中です。 蔵から発見された100年前の神衣を研究所に依頼して科学的に分析し、完全な神衣を作ろうとしています。

下の写真は御神木です。一度古い木を仕方なく切ることになりましたが、その後、切り株に自然と新しい木が生えてきました。 その形の珍しさに、近所の子どもが集まって、時々水を与えることもありました。


御神木